EVENTS

エネルギー・資源学会からの行事案内
  • 研究発表会・コンファレンス

  • 第37回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス参加案内

最新プログラムはこちら

 

 エネルギー、資源、環境に関する最新の学際的、業際的研究発表の場として、また、広範な分野の研究者や技術者が産官学の枠を越えて交流する場として、当該分野に係わる研究機関との共催で「第37回エネルギーシステム・経済・ 環境コンファレンス」を、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、オンラインで開催します。なお残念ながら、 特別講演会、技術交流会は中止します。

 本コンファレンスでは、2日間に亘り124件の研究発表(企画セッション「2050年のエネルギー需給」6件、「家庭部門のCO2排出統計実態調査」9件を含む)が行われます。奮ってご参加下さい。

 

〔主  催〕エネルギー・資源学会

 

〔共  催〕電力中央研究所,日本エネルギー経済研究所,エネルギー総合工学研究所,地球環境産業技術研究機構,コージェネレーション・エネルギー高度利用センター

 

〔後  援〕新エネルギー・産業技術総合開発機構

 

〔協  賛〕化学工学会,電気学会,日本エネルギー学会,日本機械学会,日本原子力学会,日本シミュレーション学会,公益事業学会,三菱総合研究所,日本エレクトロヒートセンター

 

〔日  時〕

2021年1月26日(火) 10:00~17:00

2021年1月27日(水) 10:00~17:00

 

〔会  場〕オンライン開催(ZoomのURL,ID等を参加申込者に会期1週間前にお知らせします)

 

〔研究発表〕

*発表件数 124件

*発表時間 1題目20分(講演15分、討論5分)

 

〔参加費〕

 

正会員・
特別会員 

学生会員

共催・後援・協賛団体会員 非会員
本会正会員・
特別会員
本会非会員
コンファレンス参加費 15,000円
(不課税)

7,000円
(不課税)

15,000円
(不課税)

16,500円
(消費税込)

27,500円
(消費税込)

 

*コンファレンス参加費には、2日間の参加費と講演論文集(本会Webからダウンロード)を含みます。なお、講演論文集のCD-ROM(フルペーパー収録)は、希望者のみに送付します。

*講演論文集(CD-ROM)のみを別途購入いただく場合は、CDのみを送付し、本会正会員・特別会員11,000円、学生会員5,500円、非会員16,500円です(何れも消費税込)。

*講演論文集は、開催前に本会Web 上に公開します。閲覧・ダウンロードに必要なIDとパスワードは、参加申込後にお知らせしますので、参加申込時に必ずE-mail アドレスをご記入下さい。

 

講演論文集について

講演論文集(ダウンロード版)は、期間限定で以下よりダウンロードできます。

 

①ダウンロード期間

2021年1月19日(火)~2021年2月2日(火)

②ID・パスワード

参加申込受付後にお知らせします。

③ダウンロードの方法

学会ホームページの講演論文集(ダウンロード版)ページ(1/19~2/2掲載)にてID・パスワードを入力し、閲覧下さい。

 

CD-ROM版の講演論文集は、参加申込時に送付希望された方のみに送付します。

 

〔申込方法〕

ページ下部の申込フォームよりお申し込み下さい(*は必ずご記入下さい)。

 

1.研究発表者

2021年1月7日(木)までに必ず申込み下さい。申し込み受付後、請求書等を順次送付します。 ※この期日までに参加申込をしていない場合、発表申込をキャンセルされたものとして、プログラムは発表中止とし、Web版、CD-ROM版いずれの講演論文集にも掲載しません。

2.一般参加者の方

2021年1月18日(月)までに申込み下さい(当日参加は受付いたしません)。申し込み受付後、請求書等を順次送付します。

*ZoomのURL、ID等を参加申込者に会期1週間前にお知らせしますので、必ずE-mailアドレスをお知らせ下さい。

 

〔支払方法〕

以下の口座にお振込下さい。

①銀行振込 りそな銀行御堂筋支店(普)No.1024046

②銀行振込 三井住友銀行大阪本店営業部(普)No.4514126

③郵便振替 00930-5-302948 (他金融機関からは、〇九九店(当)0302948)

*振込手数料は、ご負担下さいます様お願いいたします。

原則として、開催前に参加費をお振込願います。 開催後のお振込になられる場合には、予め振込予定日をお知らせ願います。

 

〔キャンセルポリシー〕

◆気象特別警報や暴風警報などの発令、大規模災害の発生など、参加者に危険が及ぶ恐れがある場合、企画実行委員長は開催中止を決定することがあります。

◆開催中止の判断は原則的に一日単位で行います。第一日目が中止であっても第二日目は開催する場合や、第二日目のみ中止とする場合もあります。

◆開催中止と決定した場合には、直ちに本会Webサイト上で告知します。

◆中止日に発表予定の講演論文は本大会で発表されたものとします。

◆短縮開催となった場合でも、参加費は通常通りとなります。参加費の返金は致しません。

◆全期間中止となった場合、短縮開催日に出席されなかった場合、あるいは通常開催であっても両日とも出席されなかった場合、配布を希望されている方へは、後日、講演論文集(CD-ROM版)を郵送いたします。

申込

両日
1日目のみ
2日目のみ