EVENTS

エネルギー・資源学会からの行事案内
  • 一般行事

  • 「2050 年に向けた日本のエネルギー需給」研究委員会 「2050 年のエネルギーと社会:課題解決の方向性」 2020 年度シンポジウム(第9回 ESI シンポジウム)

本研究委員会1は,2017 年から 2019 年のエネルギー・資源学会の定期の研究発表会,コンファ
レンスにおける 2050 年企画セッションなどでの議論を踏まえ,「我が国の温室効果ガス低減に向
けた長期発展戦略の策定のための情報整理と議論に併せて,長期的なエネルギー需給の道筋に関
する調査・検討を行い,その成果を学会会員,学会外の一般に対し提供する」という目的で 2019
年 1 月から活動を開始しました.
2019 年 8 月からの研究発表会およびコンファレンスでは研究委員会としての 3 回の企画セッ
ションなどで議論行いました.2019 年 8 月には情報整理と方法論の確立を目標としたシンポジウ
ム2を行って議論を深めてきました. 2021 年には,1 月のコンファレンスでの企画セッション
と,これまでの知見や議論を背景した学会誌における特集記事を企画しています.
今回御案内するシンポジウムでは,これまでの発表や本研究委員会での議論などに基づき,我
が国の長期のエネルギーと経済のあるべき姿と温室効果ガス低減に向けた長期発展戦略の策定に
資する複数回のシンポジウムの第一回として,2050 年のありたき姿を考え実現するための方向性
に関するシンポジウムを開催します.皆様のご参加をお待ち申し上げます.

 

〔主 催〕

エネルギー・資源学会 研究委員会「2050 年に向けた日本のエネルギー需給」
東京大学 生産技術研究所
エネルギーシステムインテグレーション(ESI)社会連携研究部門

 

〔共 催〕

東京大学 先端電力エネルギー・環境技術教育研究アライアンス(APET)
東京大学 エネルギー・資源フロンティアセンター(FRCER)
東京大学 生産技術研究所 持続型エネルギー・材料統合研究センター
東京大学 未来ビジョン研究センター(IFI)

 

〔テーマ〕 「2050 年のエネルギーと社会:課題解決の方向性」

 

〔日 時〕 2020 年 12 月 10 日(木)13:00~17:45

 

〔場 所〕 オンライン開催(参加者に Zoom URL を開催1週間前にお知らせします)

 

〔定 員〕 300 名程度

 

〔スケジュール〕 (登壇者,発表タイトルは当日に向け変わることがあります.敬称略)
13:00 開会挨拶
13:05~13:25 趣旨説明 荻本 和彦(東京大学 生産技術研究所)
<第 1 部>
13:25~14:00 長期エネルギー政策分析におけるエネルギー・モデル
杉山 昌広(東京大学 未来ビジョン研究センター)
14:00~14:35 エネルギー需給分析から見た脱炭素社会移行の課題
黒沢 厚志(エネルギー総合工学研究所)
14:35~14:40 (休憩)
14:40~15:15 発電部門の脱炭素化に向けて:電力需給分析からの含意
松尾 雄司(日本エネルギー経済研究所)
15:15~15:50 世界の脱炭素の潮流の日本の政策への含意
高村 ゆかり(東京大学 未来ビジョン研究センター)
15:50~16:25 我が国の脱炭素社会検討における社会経済シナリオ
日比野 剛(国立環境研究所)
16:25~16:30 (休憩)
<第 2 部>
16:30~17:45 パネルディスカッション
モデレータ:荻本 和彦(東京大学 生産技術研究所)
パネリスト:黒沢 厚志(エネルギー総合工学研究所)
鹿園 直毅(東京大学 生産技術研究所)
杉山 昌広(東京大学 未来ビジョン研究センター)
高村 ゆかり(東京大学 未来ビジョン研究センター)
日比野 剛(国立環境研究所)
松尾 雄司(日本エネルギー経済研究所)

 

〔参 加 費(消費税込)〕 1,000 円,学生は無料

 

〔支払方法〕 登録後に発送する請求書にて振込先を連絡

 

〔申込方法〕 以下の ESI のホームページからお申し込みください(要事前登録).
http://www.esisyab.iis.u-tokyo.ac.jp/symposium/20201210/sympo20201210.html
※申込締切 定員に達した時点,または,2020 年 12 月 8 日(火)

 

〔問合せ先〕 ※登録後のキャンセル連絡、その他事務的連絡を含む
*一般社団法人エネルギー・資源学会 事務局
TEL 06-6446-0537 FAX 06-6446-0559 E-mail:gyoji@jser.gr.jp