エネルギー・資源学会
サイト内キーワード検索
  トップページ サイトマップ Eメール お問い合わせ

エネルギー・資源学会とは
学会紹介English
会長からのメッセージ
定 款
社員総会
学会組織
事務局
行事案内・研究発表会論文募集
行事案内
研究発表会・コンファレンス
研究発表申込
(テンプレートダウンロード)
会誌「エネルギー・資源」
最新号目次
会誌本文(会員限定)
投稿規定・執筆要項
(テンプレートダウンロード)
 
電子ジャーナル「エネルギー・資源学会論文誌」
論文目次・内容
投稿規定・執筆要項
(テンプレートダウンロード)
 
各種申込
会員入会申込
行事申込
メールニュース(無料)
ID/Password配信申込
学会活動
行事報告
研究発表会・コンファレンス
サマーワークショップ
研究プロジェクト
表彰制度
過去の行事一覧
会誌「エネルギー・資源」 総目次
刊行物のご案内
関連機関
リンク/各種募集
 
著作権・複写権について
 
個人情報取扱いについて

リンク

団   体




大学研究室



報道・出版



他団体ニュース

◆◆他団体行事◆◆

電気学会九州支部専門講習会「電力系統における蓄電池利用・制御技術」
〔主  催〕一般社団法人 電気学会九州支部
〔開催日時〕2018年5月28日(月)14〜17時
〔場 所〕電気ビル本館 地下2階 6号会議室(福岡市中央区渡辺通2丁目1番82号)
〔URL〕 http://www.iee.jp/kyushu/?p=16213
〔問合せ先〕一般社団法人 電気学会九州支部 事務局
       九州大学大学院システム情報科学研究院電気システム工学部内
TEL:080-1771-8301
E-mail:kyushu-branch[a]ieej.org *[a]を@に変えてください。

日本伝熱学会 第55回日本伝熱シンポジウム
  (2018/5/29-31、札幌) 詳細

日本機械学会動力エネルギーシステム部門  第23回動力・エネルギー技術シンポジウム
  (2018/6/14-15、山口) 詳細

電気学会北海道支部専門講習会「電力系統における蓄電池利用・制御技術」
〔主催〕一般社団法人 電気学会北海道支部
〔開催日時〕2018年6月15日(金)14〜17時
〔場 所〕北海電気工事株式会社 8 階会議室(札幌市白石区菊水2条1丁目8番21号)
URL : http://www.iee.jp/hokkaido/?p=16089
〔問合せ先〕一般社団法人 電気学会北海道支部 事務局
TEL  :011-251-4263
E-mail:hokkai_ieej[a]epmail.hepco.co.jp *[a]を@に変えてください。

Grand Renewable Energy 2018 グランド再生可能エネルギー2018国際会議
  (2018/6/17-22、横浜) 詳細

太陽光発電協会 太陽光発電に関する総合イベント「PV Japan 2018」
  (2018/6/20-22、横浜) 詳細

第12回 核融合エネルギー連合講演会   ─核融合炉のロードマップ:今、実用化に向けて!─
〔主  催〕 プラズマ・核融合学会,日本原子力学会
〔開催日〕 2018年6月28日(木)〜29日(金)
〔場  所〕 滋賀県立県民交流センター(ピアザ淡海)/滋賀県大津市におの浜1-1-20
〔問合せ先〕 一般社団法人 プラズマ・核融合学会事務局
TEL 052-735-3185 FAX 052-735-3485 E-mail:plasma@jspf.or.jp

日本エネルギー学会  第27回日本エネルギー学会大会
〔主  催〕 一般社団法人 日本エネルギー学会
〔開催日〕 2018年8月8日(水)〜9日(木)
〔会  場〕 日本大学理工学部駿河台キャンパス(東京都千代田区神田駿河台1-8-14)
〔大会URL〕 https://www.jie.or.jp/publics/index/591/
〔問合せ先〕 日本エネルギー学会 事務局
TEL 03-3834-6456 FAX 03-3834-6458 
E-mail:unishi_jie1921[a]jie.or.jp *[a]を@に変えてください。
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-16-9 外神田千代田ビル4F

日本鉄鋼協会 第9回材料電磁プロセッシング国際シンポジウム(EPM2018)
  (2018/10/14-18、兵庫) 詳細

水素エネルギー協会 世界水素技術会議 2019
World Hydrogen Technologies Convention 2019(WHTC2019)
〔主  催〕 一般社団法人 水素エネルギー協会
〔開催日〕 2019年6月2日(日)〜7日(金)
〔場  所〕 東京国際フォーラム(東京都千代田区丸の内3-5-1)
〔会議URL〕 http://whtc2019.jp
〔問合せ先〕 (国研)産業技術総合研究所 エネルギー・環境領域 創エネルギー研究部門 WHTC2019事務局
TEL&FAX 029-861-8712 E-mail:org@whtc2019.jp

◆◆他団体公募案内・その他お知らせ◆◆

戦略的創造研究推進事業(CREST・さきがけ・ACT-I)平成30年度研究提案の募集開始について

□ 戦略的創造研究推進事業(CREST・さきがけ・ACT-I)
■ 平成30年度研究提案の募集開始
□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●募集趣旨
  このたびJSTは、戦略的創造研究推進事業「CREST」「さきがけ」「ACT-I」において、平成30年度の研究提案募集を開始いたしました。ご関心のある多くの方々のご応募をお待ちしております。
 
  詳細につきましては募集要項および研究提案募集ホームページをご覧ください。
  http://www.jst.go.jp/kisoken/boshuu/teian.html

●応募締切
  CREST : 平成30年6月5日(火)正午 厳守
  さきがけ・ACT-I : 平成30年5月29日(火)正午 厳守
  ※募集締切までにe-Radを通じた応募手続きが完了していない提案については、いかなる理由があっても審査の対象とはいたしません。余裕を持って、早めにご提出をいただくようお願いいたします。

●研究提案を募集する研究領域
〔CREST〕
  ◇「ゲノムスケールのDNA設計・合成による細胞制御技術の創出」
   (研究総括:塩見 春彦)
  ◇「新たな生産プロセス構築のための電子やイオン等の能動的制御による革新的反応技術の創出」
   (研究総括:吉田 潤一)
  ◇「トポロジカル材料科学に基づく革新的機能を有する材料・デバイスの創出」
   (研究総括:上田 正仁)
  ◇「Society 5.0を支える革新的コンピューティング技術」
   (研究総括:坂井 修一)
  ◇「細胞外微粒子に起因する生命現象の解明とその制御に向けた基盤技術の創出」
   (研究総括:馬場 嘉信)
  ◇「ナノスケール・サーマルマネージメント基盤技術の創出」
   (研究総括:丸山茂夫、研究総括補佐:粟野 祐二)
  ◇「実験と理論・計算・データ科学を融合した材料開発の革新」
   (研究総括:細野 秀雄)
  ◇「人間と情報環境の共生インタラクション基盤技術の創出と展開」(AIPネットワークラボ)★
   (研究総括:間瀬 健二)
  ◇「光の特性を活用した生命機能の時空間制御技術の開発と応用」
   (研究総括:影山 龍一郎)
  ◇「計測技術と高度情報処理の融合によるインテリジェント計測・解析手法の開発と応用」
   (研究総括:雨宮 慶幸(CREST担当)、 副研究総括:北川 源四郎(さきがけ担当))
  ◇「量子状態の高度な制御に基づく革新的量子技術基盤の創出」★
   (研究総括:荒川 泰彦)
  ◇「イノベーション創発に資する人工知能基盤技術の創出と統合化」(AIPネットワークラボ)
   (研究総括:栄藤 稔)

〔さきがけ〕
  ◇「ゲノムスケールのDNA設計・合成による細胞制御技術の創出」
   (研究総括:塩見 春彦)
  ◇「電子やイオン等の能動的制御と反応」
   (研究総括:関根 泰)
  ◇「トポロジカル材料科学と革新的機能創出」
   (研究総括:村上 修一)
  ◇「革新的コンピューティング技術の開拓」
   (研究総括:井上 弘士)
  ◇「量子技術を適用した生命科学基盤の創出」
   (研究総括:瀬藤 光利)
  ◇「生体における微粒子の機能と制御」
   (研究総括:中野 明彦)
  ◇「熱輸送のスペクトル学的理解と機能的制御」
   (研究総括:花村 克悟)
  ◇「人とインタラクションの未来」(AIPネットワークラボ)
   (研究総括:暦本 純一)
  ◇「生命機能メカニズム解明のための光操作技術」
   (研究総括:七田 芳則)
  ◇「計測技術と高度情報処理の融合によるインテリジェント計測・解析手法の開発と応用」
   (研究総括:雨宮 慶幸(CREST担当)、 副研究総括:北川 源四郎(さきがけ担当))
  ◇「量子の状態制御と機能化」
   (研究総括:伊藤 公平)
  ◇「新しい社会システムデザインに向けた情報基盤技術の創出」(AIPネットワークラボ)
   (研究総括:黒橋 禎夫)

〔ACT-I〕
  ◇「情報と未来」(AIPネットワークラボ)
   (研究総括:後藤 真孝)

●CREST-ANR共同提案を募集する研究領域
  平成30年度のCRESTの提案募集では、上記★印の2つの研究領域で通常の研究提案に加えて、日仏共同研究グループによる共同研究提案を募集します。

●研究提案募集ホームページ(随時更新)とTwitterについて
  募集要項のダウンロード、各研究領域の募集説明会や面接選考日に関する情報の掲載な
  ど、最新情報を発信しています。応募をお考えの方はぜひご覧ください。
  URL: http://www.jst.go.jp/kisoken/boshuu/teian.html

 戦略的創造研究推進事業のTwitter(https://twitter.com/JST_Kisokenkyu)もご覧ください。

●戦略的創造研究推進事業(CREST・さきがけ・ACT-I)の英語による制度説明会
英語によるCREST・さきがけ・ACT-I制度説明会をJST東京本部別館にて開催します。
日時:4月19日(木) 11:00〜12:00
場所:JST東京本部別館 2階セミナー室
http://www.jst.go.jp/koutsu.html#BEKKAN

●研究提案募集に関するお問い合わせ先
※研究提案募集ホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
  国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)戦略研究推進部
  [募集専用]E-mail:rp-info[a]jst.go.jp *[a]を@に変えてください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■  Fiscal Year 2018 Call for Research Proposals □  for the Strategic Basic Research Programs (CREST, PRESTO and ACT-I) ■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●Overview
  JST opened application submission for Strategic Basic Research Programs FY2018 (CREST, PRESTO and ACT-I).
 
  Please see the following HP for the details.
  URL:http://www.jst.go.jp/kisoken/boshuu/teian-en.html

●Deadline
  CREST: Tuesday, June 5, 2018 at 12:00 noon, Japan time
  PRESTO・ACT-I: Tuesday, May 29, 2018 at 12:00 noon, Japan time
 
●Briefing Session for JST Strategic Basic Research Programs (CREST, PRESTO and ACT-I)
Date: Apr 19 (Thu.), 2018
Time: 11:00-12:00
Venue : JST “Tokyo Headquarters (K's Gobancho)” 2F Seminar room
Address: 7, Gobancho, Chiyoda-ku, Tokyo 102-0076 Japan
http://www.jst.go.jp/EN/location/index.html#Tokyo

●Contact
Department of Innovation Research, Japan Science and Technology Agency (JST)
E-mail: rp-info[a]jst.go.jp

関西大学 教員公募

【募集人員】教授・准教授(任期なし),助教(任期あり)いずれか1名
【所属】社会安全学部 安全マネジメント学科
【専門分野】原子力安全,エネルギー工学
【教育担当】プラントの安全,エネルギーと環境リスク
【応募資格】
(1)博士の学位を有する者,またはそれと同等以上の研究業績を有すると認められる者.
(2)当該分野の研究実績があり,かつ「プラントの安全」「エネルギーと環境リスク」などについて教育が可能である者.
(3)国籍は問わないが,教育研究に必要な十分な日本語運用能力を備えている者.(※英語による授業や大学院の授業を担当する場合もある.)
【応募締切】2018年6月30日(当日消印有効)
【着任時期】2019年4月1日
【提出書類】
(1)履歴書(本学指定)1通
(2)研究業績書(本学指定,学術論文には査読の有無を明記すること)1通
(3)著書もしくは論文(主要なもの5点を各3部.抜刷り・コピー可)
(4)これまでの研究内容の概要(2000字程度)
(5)着任後の研究と教育についての抱負(2000字程度)
(6)「プラントの安全」「エネルギーと環境リスク」(いずれも学部科目,半期・15回)を担当するものとして,シラバスおよび授業展開の構想について述べたもの
(7)応募者について意見を求められる方2名の氏名,所属,職位,電話番号,メールアドレス
[注意事項]
(1)応募書類送付時には,封筒の表に「社会安全学部教員応募書類(原子力安全) 在中」と朱書し,簡易書留で送付願います.
(2)選考の過程で,追加書類を求める場合があります.
(3)提出書類は原則として返却しません.特に返却を必要とされる場合にはその旨を明記し返信用封筒及び送料を同封してください.
(4)本学指定の履歴書及び研究業績書の書式は,添付ファイルをダウンロードしてください.
【書類提出先】〒569-1098 大阪府高槻市白梅町7-1
関西大学 高槻ミューズキャンパスオフィス 社会安全学部担当
【選考方法】
(1)第1次選考として書類審査,第2次選考として面接を行い,採否を決定します.
(2)面接は2018年8月下旬を予定しています.
【問い合わせ先】〒569-1098 大阪府高槻市白梅町7-1
関西大学 高槻ミューズキャンパスオフィス 社会安全学部担当
TEL:072-684-4000
E-mail:fss-koubo[a]ml.kandai.jp *[a]を@に変えてください。
【その他】詳細は以下のURLを参照してください.
http://www.kansai-u.ac.jp/Fc_ss/news/detail.html?id=578


情報・システム研究機構国立情報学研究所 研究教育職員 公募要領

1.公募職名・人員
准教授又は助教 あわせて若干名
(※教授としての採用を考慮する場合もあります。)
2.採用時期
原則として平成31年4月1日
3.任期
任期は5年間
採用後の業績等により、再任前の任期と合わせて10年以内の任期で再任を行う場合があります。また、優れた業績を出された場合は、昇任又は任期のない職への任用を行う場合があります。
4.勤務条件等
情報・システム研究機構職員就業規則等が適用されます。
給与については、原則として、情報・システム研究機構年俸制適用職員給与規程等によります。ただし、国立大学法人等から採用される者のうち、情報・システム研究機構職員退職手当規程により退職手当が通算される者については、引き続き教育職基本給表の適用を選択することもできます。
5.NII の特徴と期待される研究者
国立情報学研究所(NII)の使命は、我が国唯一の情報学の学術総合研究所として、情報学という学術分野において長期的な視点に立つ基礎研究ならびに社会課題の解決を目指した実践的な研究を推進することにあります。同時に、大学共同利用機関として学術コミュニティ全体の研究・教育活動に必須である学術情報基盤、即ち、大学や研究所を結ぶネットワーク(SINET5)の運用、学術コンテンツならびにサービスプラットフォームの提供等の事業を展開・発展させること、そして、これらの活動を通して人材育成と社会・国際貢献に努めることも重要な使命です。
以上を踏まえて、我が国における情報学分野の未来を自身が開拓するという気概を持ち、トップカンファレンス・トップジャーナル等で戦える成果の創出、あるいは、社会に貢献できる成果を具現化できる研究者を求めます。
なお、NII は、豊富な研究時間を提供するなど、研究に集中出来る環境を整えることにも努めています。
6.研究開発分野
下記のトピックに適合することが望ましいが、必ずしも限定するものではありません。
(1)情報学プリンシプル研究分野
アルゴリズム、人工知能、機械学習、ディープラーニング、ビッグデータ解析、データマイニング、数理モデリング、数値解析、計算科学、Web情報学、脳神経科学、量子情報、あるいはこれらの境界領域等に関する新しい原理・理論や、新たな応用への可能性を創出する先端研究 (2)アーキテクチャ科学研究分野
ポスト・インターネット、サイバーセキュリティ基礎、ソフトウェア・ハードウェアアーキテクチャ、分散・クラウドコンピューティング、プログラミング言語、システム性能・ログ解析基盤、ディペンダブルシステム、nternet of Things (IoT)、並列処理・並列プログラミング
(3)コンテンツ科学研究分野
自然言語処理、コンピュータビジョン、画像処理、音響情報処理、コンピュータグラフィックス、ヒューマン・コンピュータ・インタラクション、データ工学、Webマイニング、ソーシャルメディア、コミュニティ解析、バイオメトリクス、機械学習・ディープラーニング応用等の展開にわたる研究開発
(4)情報社会相関研究分野
プライバシー情報保護活用、次世代匿名化、データ・ガバナンス、次世代IR基盤、データ政策、データ活用人材育成、デジタル・ヒューマニティーズ、ITヘルスケア、データ信頼性評価、シェアリングエコノミー、デジタル・エデュケーション、オープンイノベーション基盤等に関する研究開発
7.資質・経験等
各分野において、独創的かつ革新的な研究や新しいコンセプトによる情報システムの研究開発を遂行するのに充分な資質と意欲を有する者
8.応募資格
原則として博士の学位取得又は取得見込みの者(人文・社会科学系の研究者にあっては、これに準ずる者を含みます。)
9.応募書類
(1)履歴書(別紙様式1)
希望研究部門(研究開発分野)、職種(准教授又は助教)を記入してください。
(2)研究・開発業績(別紙様式2)
論文、著書を公表年順に記載し、主要業績3編について、別刷(コピー可)各3部を添付してください。
(3)学会における活動状況(別紙様式3)
(4)職域における活動状況(別紙様式4)
(5)社会における活動状況(別紙様式5)
(6)推薦書/照会先
推薦書が有る場合、同封してください。推薦書がない場合、応募者の業績について照会できる方の氏名、連絡先を記入してください。
(7)就任後の抱負
任意の様式(2,000字程度)
※主要業績3編の別刷りを除き、書類はすべて片面印刷としてください。また、ホチキス留めはせず、クリップ等を使用してください。
10.応募期限
平成30年5月31日(木)【必着】
11.選考方法
書類審査及び面接
書類審査合格者を対象に面接を行います。
面接は、6月下旬から7月中旬の国立情報学研究所が指定した日時に行います。
面接日時の変更には応じられません。
なお、面接に要する旅費、宿泊費等は応募者の負担とします。
12.採否(内定)通知
平成30年9月末日頃までに本人あてに採否(内定)を通知します。
13.問合せ先
(1)応募書類、身分等について
情報・システム研究機構国立情報学研究所総務部総務課人事チーム
電話:03-4212-2025〜2026 FAX:03-4212-2035
E-mail: koubo2018[a]nii.ac.jp *[a]を@に変えてください。
(2)研究内容について
情報・システム研究機構国立情報学研究所
情報社会相関研究系・教授 佐藤一郎
電話 03-4212-2546,
E-mail: koubo2018[a]nii.ac.jp *[a]を@に変えてください。
14.応募書類の送付先
〒101-8430 東京都千代田区一ツ橋2丁目1番2号
「情報・システム研究機構国立情報学研究所長」宛
(※ 必ず配達証明相当がある方法で送付してください。電子メールや持参では受付していません。)
15.その他
(1)封筒に「応募書類在中(研究教育職員)」と朱記し、「情報・システム研究機構国立情報学研究所長」宛の書留郵便・宅配便等、配達証明相当がある方法で送付してください。(他の名義宛で送付しないでください。)
(2)応募書類は原則として返却いたしません。
(3)個人情報の取扱いについて
本公募に関連して提出された個人情報については、選考の目的に限って利用し、選考終了後は、職員として採用される方の情報を除き、全ての個人情報は責任をもって破棄します。
職員として採用される方については、人事、労務、給与関係処理等採用手続き及び研究・教育等、所内の各種手続きに使用させていただきます。
(4)国立情報学研究所では、男女共同参画への取り組みとして、女性研究者の積極的登用を行っています。本公募においても、業績(研究業績、教育業績、社会貢献等)の評価において同等と認められた場合には、女性を積極的に採用します。
(5)国立情報学研究所では、国内外の大学等との人事交流を促進するため、クロスアポイントメントの考え方に基づいた雇用も考慮いたします。
※ 本件については、国立情報学研究所ホームページ(http://www.nii.ac.jp/about/recruit/)に掲載されています。

戦略的創造研究推進事業(新技術シーズ創出)における平成30年度戦略目標決定について (CREST・さきがけ新規領域関連)

●戦略目標の決定
文部科学省にて、戦略的創造研究推進事業(新技術シーズ創出)における、平成30年度戦略目標が下記の通り決定されました。

@トポロジカル材料科学の構築による革新的材料・デバイスの創出
AゲノムスケールのDNA合成及びその機能発現技術の確立と物質生産や医療の技術シーズの創出
BSociety5.0を支える革新的コンピューティング技術の創出
C持続可能な社会の実現に資する新たな生産プロセス構築のための革新的反応技術の創出

詳細は、文部科学省webページをご参照下さい。
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/30/03/1402580.htm

JSTは、戦略目標の達成に向けた研究領域及び研究総括を選定し、すでにお知らせ済みの以下のスケジュールで戦略的創造研究推進事業(CREST・さきがけ・ACT-I)の研究課題の公募・選定等を行う予定です。なお、本研究提案募集の予告は、国会における平成30年度政府予算の成立を前提として行っています。

<スケジュール>
・4月上旬〜6月上旬 研究課題の公募
・6月中旬〜9月中旬 研究課題の選定
・10月1日(予定) 研究の開始
【注】以上のスケジュールは現時点での予定であり予告無く変更することがありますので、予めご了承ください。

JSTでは、戦略的創造研究推進事業(CREST・さきがけ・ACT-I)における平成30年度の研究提案募集に関連して新規研究領域を含めて、募集説明会を開催します。(一部の領域を除く)
ご関心のある多くの方々のご参加をお待ちしております。

募集説明会の日時・場所や事前申し込みの要否など、公募に関する情報は下記webページで随時更新しておりますのでご覧ください。

http://www.jst.go.jp/kisoken/boshuu/teian.html

予算案等の審議状況や政府方針の変更等により、募集内容等が変更となる場合があります。
予めご了承ください。

●問合せ先
国立研究開発法人科学技術振興機構 戦略研究推進部[募集専用]

E-mail:rp-info[a]jst.go.jp *[a]を@に変えてください。
問合せは、必ず左記メールアドレスにお願い致します。

電話番号:03-3512-3530(受付時間:10:00〜12:00/13:00〜17:00)
※土曜日、日曜日、祝祭日を除く
[電話でご質問いただいた場合でも、電子メールでの対応をお願いすることがあります]

―――――――――――――

【ご参考】
国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)における研究開発目標と公募について

○研究開発目標について
国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)の革新的先端研究開発支援事業に関する平成30年度新規研究開発目標も次の通り決まりました。
「生体組織の適応・修復機構の時空間的理解に基づく生命現象の探求と医療技術シーズの創出」
この詳細等は国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)の下記webページをご覧ください。

https://www.amed.go.jp/koubo/04/02/0402A_00007.html

○問合せ先

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)

E-mail:kenkyuk-kobo[a]amed.go.jp *[a]を@に変えてください。

※問合せは必ずE-mailでお願い致します。


平成30年度 CREST・さきがけ・ACT-I公募スケジュール、研究提案募集説明会の開催について

●公募のスケジュール(予定)
JSTは、戦略目標の達成に向けた研究領域及び研究総括を選定し、以下のスケジュールで戦略的創造研究推進事業(CREST・さきがけ・ACT-I)の平成30年度研究課題の公募・選定等を行う予定です。なお、本研究提案募集の予告は、国会における平成30年度政府予算の成立を前提として行っています。

<スケジュール>
  ・4月上旬〜6月上旬 研究課題の公募
  ・6月中旬〜9月中旬 研究課題の選定
  ・10月1日(予定) 研究の開始
【注】以上のスケジュールは現時点での予定であり予告無く変更することがありますので、予めご了承ください。

●募集説明会の開催(予定)
JSTでは、戦略的創造研究推進事業(CREST・さきがけ・ACT-I)における平成30年度の研究提案募集に関連して募集説明会を開催します。(一部の領域を除く)
ご関心のある多くの方々のご参加をお待ちしております。

募集説明会の日時・場所や事前申し込みの要否など、公募に関する情報は下記webページで随時更新しておりますのでご覧ください。
http://www.jst.go.jp/kisoken/boshuu/teian.html

予算案等の審議状況や政府方針の変更等により、募集内容等が変更となる場合があります。予めご了承ください。

●問合せ先
国立研究開発法人科学技術振興機構 戦略研究推進部[募集専用]

E-mail:rp-info[a]jst.go.jp *[a]を@に変えてください。
問合せは、必ず左記メールアドレスにお願い致します。

電話番号:03-3512-3530(受付時間:10:00〜12:00/13:00〜17:00)
※土曜日、日曜日、祝祭日を除く
[電話でご質問いただいた場合でも、電子メールでの対応をお願いすることがあります]


戦略的研究推進事業CRESTとの日仏共同提案募集を実施するフランスANRが募集を開始

科学技術振興機構(JST)は、戦略的研究推進事業CRESTの平成30年度の公募において、フランス国立研究機構(ANR)と連携し、以下の2研究領域で日仏共同提案の募集を行うこととしました。
今般ANRが募集を開始いたしましたのでお知らせします。

「量子状態の高度な制御に基づく革新的量子技術基盤の創出」(研究総括:荒川泰彦)
「人間と情報環境の共生インタラクション基盤技術の創出と展開」(研究総括:間瀬健二)

採択された場合、日本側グループはJST(CREST)から、フランス側グループはANRから、それぞれ支援を受けます。
応募にあたって日仏の研究代表者は共同研究提案書(英語、CREST−ANR共通書式)を作成し、JST、ANR両機関に申請してください。両機関に申請されることが審査の要件となります。
ANRの申請受付期間はJST(CREST)より早いのでご注意ください。ANRの申請受付期間は2月15日から4月16日10時(フランス時間)までです。JSTの申請受付は通常のCREST提案募集期間に行います。通常のCREST提案募集については今後CRESTの募集HPにおいてご案内します。CRESTへの応募の際に、ANRに提出された日仏共同研究提案の内容を変更することはできません。また、日仏共同提案と通常のCRESTの提案の両方を申請することはできませんので、ご注意ください。

なお、この日仏共同提案募集は、国会における平成30年度政府予算の成立を前提として行っています。詳細については、以下のURLをご確認ください。

(CRESTの募集HP)
http://www.jst.go.jp/kisoken/boshuu/teian.html

(ANRの募集HP)
http://www.anr.fr/crest-2018

●問合せ先:
国立研究開発法人科学技術振興機構 戦略研究推進部[募集専用]
E-mail:rp-info[a]jst.go.jp  *[a]を@に変えてください。
問合せは必ず左記メールアドレスにお願い致します。
TEL:03-3512-3530(受付時間:10:00〜12:00/13:00〜17:00)
   ※土曜日、日曜日、祝祭日を除く
[電話でご質問いただいた場合でも、電子メールでの対応をお願いすることがあります]

日本学術会議 第一部ニューズレター
  http://www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/1bu/index.html
経済産業省“産業界の自主的取組に関するポータルサイト”開設のお知らせ

  産業界における地球温暖化対策として取り組まれている自主的取組を、2020年以降の
  温暖化対策の重要な柱として支援するため、国内外への情報発信を促進します。

  URL:http://www.meti.go.jp/policy/energy_environment/kankyou_keizai/va/index.html

 


このページのトップへ



Copyright(c) Japan Society of Energy and Resources. All Rights Reserved.